ダイヤモンドの品質を表す基準として、「4C」というものがあります。
    4Cとは、
     1) カット(CUT)
     2) カラー(COLOR)
     3) カラット(CARAT)
     4) クラリティ(CLARITY)
    の4つの項目の頭文字をとった用語です。
   
カラット(CARAT) カラットはダイヤモンドの重さを表わす単位で「ct 」と表示されます。ダイヤモンドは大きさだけでなく、総合的な評価で価値は決まります。1カラット(ct)= 0.2グラム(g)

カラー(COLOR) カラーは無色に近いほど希少性が高く、Dから始まります。無色透明なものをDカラーとして、黄色味がかかってくるほどランクが落ちます。
D E F G H I J K L M N〜Z
無色透明 ほぼ無色 わずかな黄色 うすい黄色

クラリティ(CLARITY) クラリティはダイヤモンドの透明度を表わします。
10倍の顕微鏡でダイヤモンドの中のキズや内包物の有無により判定し、11段階に等級付けされています。

FL IF VVS1 VVS2 VS1 VS2 SI1 SI2 I1 I2 I3
傷が無く内包物が
見当たらない。
ごくわずかな傷。 10倍ルーペで
内包物の発見が困難。
10倍ルーペで
内包物の発見がやや困難。
10倍ルーペで
内包物が見える。
肉眼で内包物が
確認できる。

カット(CUT) カットはダイヤモンドのプロポーションと研磨の技術的な評価でエクセレントからプアまでの5段階に等級付けされています。カットの違いで輝きに大きな差がでます。
EXCELLENT Very Good good Fair Poor

◆ トリプル エクセレント(3EX)
総合評価と対称性(シンメトリー)、研磨の状態(ポリッシュ)がエクセレント評価を意味します。

◆ ハート & キューピッド(H&C)
プロポーションとシンメトリーが良いダイヤモンドは8つのキューピッドとハートが観察されます。




サイトポリシー
プライバシーポリシー
サイトマップ
トップページ
Copyrights (C) 2009-2013 Japan Couture LTD, All Rights Reserved.